滋賀県 東大津高校
先輩体験談

i

・ここで紹介している体験談は一人の先輩が自分の体験を通して、先輩の主観をもとにして書いたレポートです。
・表示している内容は、先輩が体験談を書いてくれた時点の情報です。最新の情報は各学校のWebサイトなどでご確認ください。

閉じる

高校生活

  • 大自慢

    本館の廊下がすごく長いなど、大きく立派な校舎です。全教室にクーラー完備で、朝登校後の暑い時は、生徒が任意でエアコンをつけて良いので快適です。自転車置き場やセミナーハウスも十分整備され、綺麗です。  落ち着いた生徒が多く、隣接する緑豊かな県立文化ゾーン(図書館、美術館有り)で、勉強に集中できる環境があります。学校の授業で、文化ゾーンを使用したり、奉仕作業で花植えや清掃など、他校では経験出来ない貴重な体験もします。  約9割の生徒が、部活に加入し、文武両道が目標です。

  • 高校選択の決め手

     高校見学に行った時、先輩方も親切に接してくださり、勉強は大変だが、行事にはみんなで一つになって参加し、とても充実した高校生活を送れているとおっしゃっていた事が大きな決め手だった。各部活動の活動の様子を見ていてもとても楽しそうで、充実しているということが見ていても伝わってきた。

  • 行事

    文化祭

    文化祭では、縦割りの団ごとにTシャツを作り、期末テスト後1週間の期間中はそれが制服代わりとなります。又、各団ごとにお店のメニュ-や劇のテ―マを考えるところから始め、小道具作りも学年に関係なく仲良く一緒に楽しみながら、仲間と一からつくり上げていくのは中学では決して経験のできない、貴重なものです。書道部がグランドで行う書道パフォーマンスはすごい迫力で見応えがあります。  模擬店は、生徒運営とPTA運営の2種類あります。PTAの牛丼、カレーは大盛りで味も美味でした。

  • 勉強

    授業など

     中学より授業のペースが速いので、入学当初はついていくのが大変ですが、先生もわかりやすく教えてくださるので、安心して勉強できます。  宿題は、英語が週末課題が有ります。小量ですが、しっかりこなすことで力がつく良問です。ほかの教科は、課題はあまり出ることはないが、授業の予習を怠ると、授業中の先生の質問に答えられなかったり、ノートチェックでばれる他、授業内容が理解できなくなります。  休み時間や放課後に先生に質問に行くと、快く教えてくださいます。

  • 制服

    あり

     男子のアンダーシャツは、白色ワンポイントのみ、女子はアンダーシャツに規定は無しだが、靴下は白・黒・紺の3色指定。 カーディガンは禁止で、指定のセーターがある。  学年集会などで、生徒指導の先生が服装チェックする。

  • 部活動

    山岳部

    とてもフレンドリーで先輩・後輩、男女仲良く、楽しく活動してます。月2・3回、県内の山へ行き、夏休みには県外の南アルプスなどの3000メートル級の有名な山にも県内の他校と合同で行きます。試合では、20キロ弱の荷物を背負って4~5の班で協力して地図を読み、記録をとったりしながら山を登ります。山から下りてくると、各班で持参したラジオの放送を聞いて、天気図を作成します。食事は、自炊もします。

  • 校則

    校則

     アルバイトは基本禁止。髪型は加工禁止。携帯は電源を切って鞄に入れてないと、取り上げられ、反省文を書かされる。3回指導が入ると親が呼び出される。  遅刻は月3回目で、指導される。  個別のロッカーがなく、定期テスト中は教科書などを全て家に持って帰る必要あり。

  • アクセス

    アクセス

     最寄りのJR瀬田駅から自転車通学する人が多い。また、駅からのバスや自宅から自転車通学も結構いる。  駅から2キロ弱の丘の上に学校が立地するので、通学することで良い運動になる。朝、目が覚める。

受験対策

  • 入試対策

    投稿された体験談はありません。

    まだ、この項目に投稿された体験談はありません。他の項目をご確認ください。

  • おすすめゼミ教材BEST3

    中3チャレンジ

    解説が書いてあり、分かりやすい為、予習に役立った。

  • 合格までの道のり

    投稿された体験談はありません。

    まだ、この項目に投稿された体験談はありません。他の項目をご確認ください。

  • 必勝アドバイス

    やる気UPアドバイス

    10分から30分寝てから頭をリフレッシュしてやる気を出していた。 もしくは、やる気がなくても無理矢理やって、エンジンをかけていた。【知っトク勉強法】覚えないといけないことは声に出して覚えていた。

入試本番

  • 入試本番 ~試験編~

    「作文(小論文)」のテーマ

    「少し待ってみる力を持つ」についてのあなたの考えを200~240字で 回答用紙(原稿)とメモ用のプリント、問題用紙の合計3枚配られる。 全てに受験番号を記入。 30分で200~240字 《作者が高校生のときの数学の失敗した話からはじまり、ある時間待ってみる力を持つことでわかることがある。》という内容

  • 入試本番 ~会場編~

    会場に着くまで

    車だったので、朝は暗記本に目をとおしながら。カイロも手放さずに……

  • 後輩へのアドバイス

    入試直前の心がまえ

    直前は苦手なものより得意なものを!ラストになっても身につかないものをやっても身につかないので、そこは割り切って。

Twitter LINE はてなブックマーク
ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×