静岡県 静岡学園高校
先輩体験談

i

・ここで紹介している体験談は一人の先輩が自分の体験を通して、先輩の主観をもとにして書いたレポートです。
・表示している内容は、先輩が体験談を書いてくれた時点の情報です。最新の情報は各学校のWebサイトなどでご確認ください。

閉じる
レイリー先輩

レイリー先輩

教養科学科 全日制 2年生
得意科目 保健体育
苦手科目 英語
高校の部活動 理科部生徒会
併願校 静岡高校
2020年度情報

大自慢

静岡学園高校のココが自慢!

静岡学園高校は、サッカーで有名な学校です。卒業生には日本代表の大島選手などがいます。日本の各地からサッカーをやりに来ているので、教室には色々な方言が聞こえるのもポイントの一つかも。関西弁がよく聞こえます!また、サッカーだけでなく他の部活も強いです。柔道や体操、卓球などは全国大会に出場していて、男子バスケットボール部も東海大会に出場しています。また、部活動だけでなく、勉強も集中できる環境です。学校が新しく別の場所に建てられてから数年しか経っていないのでとても綺麗です。全室冷暖房完備はもちろん、各教室にはプロジェクターが付いていて授業を受ける環境もバッチリです。放課後には独自のプログラムがあって、受けたい人は誰でも受けれます。プログラムには、大学の先生による出張講義やステンドグラス作りなど幅広いです。

高校選択の決め手

校舎が綺麗で、プロジェクターなどの設備が整っている。自分のやりたい事を全力でサポートしてくれると思ったから。また、放課後のプログラムで色々な体験ができると思ったから。

行事

文化祭

各学年によってやる事が違って楽しめます。一番のオススメはチアこと応援指導部の発表で華やかに可愛くカッコいい。是非見るべき発表の一つ。

体育祭

盛り上がるのは、色別対抗リレーと部活動リレー。色別は各色の選抜者が走って、得点も高く盛り上がります。部活リレーは各部活ごと衣装を着ます。部活Tシャツやユニホームなど…理科部は白衣を着ながら走ります。バトンも独特で部活によって違います。体操部は最後にバク宙などパフォーマンスを見せてくれます。身近で見る事が出来てとてもカッコいいです。

修学旅行・その他

高校二年生でいく修学旅行は高校の一番の思い出と言っても過言ではない。私たちは、シンガポールに行きます。団体行動もありますが、グループ行動ももちろんあります!事前に調べたところに行きます。インスタ映えスポットやプール、ユニバーサルスタジオにも行ったりします!!

勉強

授業など

一つの授業は50分間。高校の割には短めです。人間の集中力的にぴったりの長さです。分からない事があって、質問しに行くと分かるまでとことん先生が教えてくれます。一人一人をしっかりみてくれるので、自分に合った勉強も指導してくれます。宿題は、授業によってまちまち。部活動と両立できる範囲だと思うよ。みんな両立できているから。

テストなど

毎朝テストがあるよ。曜日によって科目が決まっていて、広すぎないからそんなに大変でもないよ。テストがあることで、勉強する習慣が自然に身につきます!定期テストは、個票にそれぞれの教科の順位などが渡されます。教科によっては偏差値も出してくれるので、自分がどの辺りにいるのか明確に知ることができるよ。部活によってになるけど、多くの部活はテスト前になると休みになったり、部活のみんなで集まって勉強会をしているよ。

制服

あり

男子は学ラン。女子はブレザー。指定のベストとセーターがあり、任意なので持ってない人や片方持ってる人、両方持っている人などバラバラ。紺色と白色で男女で決まっているわけではなく、自由です。夏、女子はリボンを付けません。全体的に女子の制服は細身に見えるようになっています。靴下は紺色や黒色であれば自由。長い人もいれば、足首の人もいます。靴も黒メインの方ならOK。ローファーの人や運動靴の人とバラバラ。

部活動

理科部生徒会

静岡学園の部活動は、運動部はハード。文化部は吹奏楽部以外はそこまでハードではないよ。理科部は週に2回の活動日があります。中高一貫校だから、部活によっては一緒に活動します、ちなみに理科部は一緒に活動しているよ。自分がやってみたい実験を先生と相談しながらできて実験が大好きな人にはもってこいの部活動です。高校生はあまり実験をやらないから、教科書とかに載っているものはもちろん、化学本に載ってる実験もできて楽しいです。

校則

アクセサリーやカラーリングはもちろん禁止。髪型は余程、奇抜でなければ大丈夫です。携帯電話は、原則使用禁止。学校に持ってきても大丈夫ですが学校にいる間はロッカーにしまいます。親に連絡するときなどは、先生に許可を得てから使います。アルバイトは特別な理由がない限り禁止です。厳しすぎることはない学校です。

アクセス

街に近いため、交通の便は悪くありません。7、8割は自転車通学。坂があるわけではないので辛いことはないです。ただ、少し道が狭めだから車には気をつけて通学します。駅も近いし、高校前のバス停もある。

その他の先輩

高校生活

  • 大自慢

    静岡学園高校のココが自慢!

    静岡学園高校は、サッカーで有名な学校です。卒業生には日本代表の大島選手などがいます。日本の各地からサッカーをやりに来ているので、教室には色々な方言が聞こえるのもポイントの一つかも。関西弁がよく聞こえます!また、サッカーだけでなく他の部活も強いです。柔道や体操、卓球などは全国大会に出場していて、男子バスケットボール部も東海大会に出場しています。また、部活動だけでなく、勉強も集中できる環境です。学校が新しく別の場所に建てられてから数年しか経っていないのでとても綺麗です。全室冷暖房完備はもちろん、各教室にはプロジェクターが付いていて授業を受ける環境もバッチリです。放課後には独自のプログラムがあって、受けたい人は誰でも受けれます。プログラムには、大学の先生による出張講義やステンドグラス作りなど幅広いです。

  • 高校選択の決め手

    校舎が綺麗で、プロジェクターなどの設備が整っている。自分のやりたい事を全力でサポートしてくれると思ったから。また、放課後のプログラムで色々な体験ができると思ったから。

  • 行事

    文化祭

    各学年によってやる事が違って楽しめます。一番のオススメはチアこと応援指導部の発表で華やかに可愛くカッコいい。是非見るべき発表の一つ。

  • 勉強

    授業など

    一つの授業は50分間。高校の割には短めです。人間の集中力的にぴったりの長さです。分からない事があって、質問しに行くと分かるまでとことん先生が教えてくれます。一人一人をしっかりみてくれるので、自分に合った勉強も指導してくれます。宿題は、授業によってまちまち。部活動と両立できる範囲だと思うよ。みんな両立できているから。

  • 制服

    あり

    男子は学ラン。女子はブレザー。指定のベストとセーターがあり、任意なので持ってない人や片方持ってる人、両方持っている人などバラバラ。紺色と白色で男女で決まっているわけではなく、自由です。夏、女子はリボンを付けません。全体的に女子の制服は細身に見えるようになっています。靴下は紺色や黒色であれば自由。長い人もいれば、足首の人もいます。靴も黒メインの方ならOK。ローファーの人や運動靴の人とバラバラ。

  • 部活動

    理科部生徒会

    静岡学園の部活動は、運動部はハード。文化部は吹奏楽部以外はそこまでハードではないよ。理科部は週に2回の活動日があります。中高一貫校だから、部活によっては一緒に活動します、ちなみに理科部は一緒に活動しているよ。自分がやってみたい実験を先生と相談しながらできて実験が大好きな人にはもってこいの部活動です。高校生はあまり実験をやらないから、教科書とかに載っているものはもちろん、化学本に載ってる実験もできて楽しいです。

  • 校則

    校則

    アクセサリーやカラーリングはもちろん禁止。髪型は余程、奇抜でなければ大丈夫です。携帯電話は、原則使用禁止。学校に持ってきても大丈夫ですが学校にいる間はロッカーにしまいます。親に連絡するときなどは、先生に許可を得てから使います。アルバイトは特別な理由がない限り禁止です。厳しすぎることはない学校です。

  • アクセス

    アクセス

    街に近いため、交通の便は悪くありません。7、8割は自転車通学。坂があるわけではないので辛いことはないです。ただ、少し道が狭めだから車には気をつけて通学します。駅も近いし、高校前のバス停もある。

受験対策

  • 入試対策

    面接について

    その高校が望む生徒の姿、ようすを考えて準備するといい印象だよ!

  • おすすめゼミ教材BEST3

    受験チャレンジ

    いろいろな県の入試問題を解くことができたので入試問題になれることができた。

  • 合格までの道のり

    中二 1~3月

    まだ受験勉強は全くしていなかった。

  • 必勝アドバイス

    やる気UPアドバイス

    受験勉強で疲れたら外で思いっきり走ったらいいと思う。走ると頭がすっきりするのでおすすめです!【知っトク勉強法】家族に急に問題を出してもらうこと!!!

入試本番

  • 入試本番 ~試験編~

    「学力検査」の問題

    普段の問題よりも難しくひねった問題が多かったです。

  • 入試本番 ~会場編~

    会場に着くまで

    入試会場までは、親に送ってもらいました。いつもの時間よりも早く家を出た方がいいと思う。

  • 後輩へのアドバイス

    入試直前の心がまえ

    今までやってきた問題集などを全部机のうえに置き「私はこんなにやってきたんだ!」と自信をつけたよ!

無料体験教材のお申し込み ×