神奈川県 小田原高校
先輩体験談

i

・ここで紹介している体験談は一人の先輩が自分の体験を通して、先輩の主観をもとにして書いたレポートです。
・表示している内容は、先輩が体験談を書いてくれた時点の情報です。最新の情報は各学校のWebサイトなどでご確認ください。

閉じる

高校生活

  • 大自慢

    小田原高校のココが自慢!

    もうすぐ創立120周年を迎えるけど、12年前くらいに校舎を建て替えたばかりだから、校舎内、外観ともにとても綺麗な学校!全教室に冷暖房完備で、校内は土足!その点が少し珍しい!けれど、いちいち履き替えたりしなくていいのは楽! 学校の目の前に、「百段坂」(実際は130段ちょっとだけど)と呼ばれる階段があって、夏場はその階段を登って学校に行くのが少しきつい…笑 でも、慣れればそんなに苦労しないで登れるからあんまり不安に思わなくても大丈夫! 校則も全然なくて、校内での携帯電話使用も許可、髪の毛染めてる人も沢山います!体育祭では、ほとんどの人が自分の団の色に染めています! それでも、勉強する時はする、行事は思いっきり楽しむ、というふうにケジメがしっかりつけられる、そんな人が沢山通っています!

  • 高校選択の決め手

    家から徒歩圏内だったこと! 電車通学には憧れてたけど、遅延とかラッシュとか、勉強と部活以外のことで疲れたくなかった。 吹奏楽部の実績も高くて、先輩達が「部員皆仲良し」と言っていたのは嘘じゃなかった!笑 校舎も綺麗で、校則もなし。自由で生徒主体な感じがいいな~って思った!

  • 行事

    文化祭

    私の高校の文化祭は通称「小田高祭」っていって、1年生はクラス皆で1万羽の鶴を折って折鶴壁画の展示、2年生はお笑いの劇、3年生は感動系の劇を発表するよ! 1年生の折鶴壁画は毎年テーマがあって、それぞれのクラスで協力して作るよ!一つ一つを折る作業は小さいけど、全部を繋げて1つの絵が完成した時は凄い達成感だった! 劇は計画、装飾準備、台本、音響、照明、キャストの準備、衣装、本番の進行、全部が生徒だけで行うよ! めちゃくちゃ大変で、最後の2日間は一日中準備しても間に合わないくらいだけど、当日たくさんのお客さんに見てもらって、最終公演が大盛況で終わった時の達成感、感動したなぁ! クラス代表をやったけど、大変で。でもとってもやりがいがあって楽しかった!

  • 勉強

    授業など

    一コマ当たり70分授業。入学当初はめちゃくちゃ長いって感じたけど、なんせ授業のスピードがとても速くて内容も難しいから、それくらい時間かけないとむしろ後が大変なんだ、って最近気づきました笑 予習してある前提で授業は進んでいくから、予習してないとその1時間は無駄になっちゃう! だから、皆予習はしっかりするように言われてます! 上から目線になってしまうけど、先生方のレベルも高くて、知識量も半端ないから、毎授業色々な豆知識とか教えてくれて、とても楽しい授業です!

  • 制服

    あり

    私の高校は校則がない!着こなしはほんとに自由だよ!カーディガンもセーターもベストも、皆が自分のお気に入りを使ってて、冬場は校内がカラフルになる!笑 ただ、スカートはただの紺色だからその分上に着るもので皆お洒落してるんだと思う!

  • 部活動

    吹奏楽部

    私の高校の吹奏楽部は、去年と今年、2年連続で東関東大会に出場しています! 普段は生徒だけで練習に取り組んで、休日は外部から講師の先生をお迎えして合奏等をしています!定時制の授業の関係で、平日は17:25までしか音出しができなくて、その時間で部活は終了。集成館ホールっていう校内のホールが取れていたらそこで19:00まで練習だったり、ソルフェージュといって音程を取る練習なんかも、部員皆で協力して取り組んでいます! 部員同士、練習中は言いたいことをずばずば言うけど、部活終わったら皆オンオフをしっかり切り替えて、楽しく過ごしています。

  • 校則

    校則

    ほんとに自由!「高校生らしい」って明記されてるけど、茶髪の人もいるしカーディガン水色とかピアスとかも! でも皆授業は真面目に受けてるし、テストの取り組みもしっかりしてるから「高校生らしい」→「けじめがつけられる」って理解してる! 校内の携帯電話使用も全然OK!授業で携帯使ったりするし!

  • アクセス

    アクセス

    最寄り駅には3つの路線があるから交通の便はいいほうなんだと思う!ただ、駅から学校までの間に標高差40mの坂と階段があって、入学当初は学校行くだけでクタクタだったなぁ笑

受験対策

  • 入試対策

    学力検査(国数英理社)について

    しっかりと計画をたてて、苦手をカクジツにつぶした。過去問には4・5年分を4回ずつくらい、本番のように取り組んだ。

  • おすすめゼミ教材BEST3

    受験チャレンジ

    月ごとに単元で(理科だと物理、化学など)分けられているのがありがたかったです。私は物理が苦手だったのでこの月の理科をもう一回などのように活用していました。また、間違えた問題には付箋をつけてすべて解けるようになるまで繰り返しました。できなかったところができて自信にもなりました。

  • 合格までの道のり

    中二 1~3月

    受験のことを頭に入れ、2年生の内容をしっかりおさえた。EVERESをはじめた。

  • 必勝アドバイス

    やる気UPアドバイス

    私はいくらやる気があっても体が疲れてついてきてくれないことがよくあったので、そのままだらだらと勉強するのではなく1度机から離れてピアノを弾いたり少し寝たり、家族と話をしたりして思い切って休んでから再開しました。【知っトク勉強法】社会の歴史で本当に暗記できているか不安になったり年号を覚えようと苦労したりしている人におすすめです。まず、時代を決めて起きた出来事とその原因を白紙に順番に何も見ずに書き出していきます。そして、教科書やチャレンジと照らし合わせて漏れているものを探すと自分の知識整理にもなるし、流れをつかめるようになります。

入試本番

  • 入試本番 ~試験編~

    「面接」で聞かれた質問

    面接官複数・受験者1人

  • 入試本番 ~会場編~

    会場に着くまで

    私は家から近かったので歩いて姉と一緒に高校まで行きました。何度も通学路を確認していたから迷う心配はほぼなかったけど、余裕をもって集合時間の30分前には着くようにしました。

  • 後輩へのアドバイス

    入試直前の心がまえ

    直前になると「これもあれもやってない!」って焦るけど、年明けると入試は本当にあっという間だし無理して体調崩せないので、本当にニガテなもの、あるいはこれなら点とれるというものをリストにして順番にやっていくといいです。

無料体験教材のお申し込み ×