神奈川県 柏陽高校
先輩体験談

i

・ここで紹介している体験談は一人の先輩が自分の体験を通して、先輩の主観をもとにして書いたレポートです。
・表示している内容は、先輩が体験談を書いてくれた時点の情報です。最新の情報は各学校のWebサイトなどでご確認ください。

閉じる

高校生活

  • 大自慢

    柏陽高校のココが自慢!

    勉強も部活も行事も熱心で、まさに三兎を追う青春! 勉強に関しては私たちの勉強に対する高い意欲を先生は更に高めようとしてくれて、わからないところを聞きに行くと時間を割いてとても丁寧に教えてくださいます。 部活も全力で活動しているところが多いけど、勉強と両立できるようにきちんと休ませてくれるのがありがたいし、その分メリハリを付けて部活に集中できる! 行事は生徒主体に運営されているから中心になる委員の人達はもちろん全員大変そうだけど、その分達成感が凄い! 3つのどれにも全力で取り組む人が多いのが嬉しいです!

  • 高校選択の決め手

    学校説明会で、学校全体で国公立大学に合格できるように指導していると知ったこと。私は国公立の大学に行きたかったので、自分の目標により近づけると思った。それと、文化祭に行った時、雨が降っていたのにとても楽しそうだったことや、生徒中心に行事を運営していると聞いたことで、真面目な部分と楽しむ部分のメリハリが付けられる雰囲気があるんだなと思った。その雰囲気が自分に合っていると思えたし、この学校で勉強も部活も行事も頑張りたいと心を決めた。

  • 行事

    文化祭

    各クラスの出し物に加えて部活のステージや有志団体の発表があって、とにかくにぎやか!運営も生徒中心だから自由さがあって準備から凄く楽しい!後夜祭では花火が打ち上げられます!

  • 勉強

    授業など

    スピードがとてもはやいので、復習は欠かさずにして次の授業に疑問を持ち越さないようにしている。1度わからなくなると取り戻すのはすごく大変で悲惨なことに...。わからないところは先生に聞きにいくととても丁寧に教えてくださるので助かってます

  • 制服

    あり

    ベストやカーディガン、ソックスは派手過ぎない範囲なら自由。パーカーで登下校は禁止。 時々服装強化週間みたいなのがあります!

  • 部活動

    吹奏楽部

    毎日のんびりと、でもメリハリはつけて練習しています!強豪校と比べたら部員は少ない方だけど、先輩や同級生とより仲良くなれるしコンクールにも全員出られるし、良いことがいっぱい!コンクールの時期はクラシックを吹いているけど、それ以降はずっとポップスを吹いていて、曲決めからとても楽しいよ!ブラバンとしての発表に加えてソロコンや1年生だけのミニコンサートもやるから個人のスキルも上がるのが実感出来て嬉しい。文化祭とクリスマスコンサート、定期演奏会では劇とダンスもやるから練習は大変になるけどその分達成感が凄い!これ以上青春できる部活はないって思うくらいたのしい充実要素がつまってます!!

  • 校則

    校則

    生徒主体で何事も運営されているから、厳しい校則は特にない。髪染めやピアスも派手過ぎない範囲ならOK!でも部活によってはダメなところもある。携帯電話は持ち込みOKで、校舎にWiFiが飛んでます!授業によっては辞書代わりに使っても良い。テスト中はもちろん電源オフでカバンの中。

  • アクセス

    アクセス

    最寄り駅から徒歩5分!! 電車が遅延した時はその最寄り駅の人が高校に連絡してくださるのでとても助かってます!

受験対策

  • 入試対策

  • おすすめゼミ教材BEST3

    受験チャレンジ

    1・2年の忘れてしまっている基礎から振り返ることができるので大きな力をつけることができた。これを一通りやることで応用にも進むことができた!

  • 合格までの道のり

  • 必勝アドバイス

    やる気UPアドバイス

    外の空気を吸いに外に出る!頭も心もすっきりしてがんばれる。 【知っトク勉強法】ちょこちょこ区切りながら時間をはかって勉強する。一気に集中できる!

入試本番

  • 入試本番 ~試験編~

    特色検査

    柏陽高校特色検査 問一 英文を読んでその内容について問う問題 問二 現代文を複数読み、その内容について答える問題 問三 会話文と資料を読み、その内容について答える問題と、その他。 問四 「メロディーロード」について、それに関する問題。

  • 入試本番 ~会場編~

    会場に着くまで

    ちょっと早く家を出た。気負わない程度にリラックス。電車遅れてるけどまあしゃあない。

  • 後輩へのアドバイス

    入試直前の心がまえ

    問題集を途中であきらめたりせず、とにかく一周はすること。できないなら、切りのいいところまで。やったという意識が糧になるし、一周はしないと苦手かどうかもわからない。気持ちが追いつめられるほどはやらない。

無料体験教材のお申し込み ×