秋田県 秋田高校
先輩体験談

i

・ここで紹介している体験談は一人の先輩が自分の体験を通して、先輩の主観をもとにして書いたレポートです。
・表示している内容は、先輩が体験談を書いてくれた時点の情報です。最新の情報は各学校のWebサイトなどでご確認ください。

閉じる

勉強

授業など

50分7コマ、若しくは55分6コマ、曜日で異なります。主要教科では毎週ミニテスト(単語テスト)やちょっとした課題が課されます。たまに行われる単語帳全範囲のテストや計算のテストで高得点を取ると、景品がもらえたり、課題免除となります。  こうして高いモチベーションを維持して勉強することができる学校です!

テストなど

年4回の考査のほか、長期休暇明けに実力テスト(激ムズ)が3回あります

2020年度情報

授業など

授業の進みがとても速いです。授業は予習を前提に進められるので予習をしていかないとついていけなくなってしまいます・・・。また、毎週小テストがあるので大変ですが、クラス対抗で順位が発表されたり、成績上位の人が表彰されたりと頑張ろうと思えるような工夫を沢山してくれています。小テストがある事で知識を着実に定着させられていると思います!

テストなど

小テストは漢字と古文単語と英単語と英文法が毎週あります。大変ですが1回ごとに知識を定着させられるので定期考査のときに楽です。また、先生達は丁寧に質問に答えてくれるのでわからないところをなくすことができます!考査前はクラスが勉強をしようという雰囲気になるのでみんなで考査に向けて勉強することができます!

2020年度情報

授業など

先生が楽しい。

テストなど

小テストは毎週ある。定期テストは抜かりなく勉強すれば高得点を取れる。

2020年度情報

授業など

55分6校時の授業が週3日、50分5校時の授業が週2日あります。最初はハードだと感じますが、学ぶことがたくさんあって、あっという間に時間がたちます。予習・復習で差がつくはずです。

テストなど

小テストは古文単語、漢字、英単語、数学のミニテストなどが毎週あります。覚えることが多く、大変ですがやってるうちに慣れます。小テストは成績にも反映されるので重要です。 定期テスト(考査)は年4回です。

2019年度情報

高校生活

  • 大自慢

    秋田高校のココが自慢!

    秋田高校の校風はなんといっても自由です。たまに自由の意味を履き違えてルールを破る人もいますが、決められたことを守って生活していれば、非常にのびのびと生活できます。制服の指定もなく、私服OKです!  学校の三大行事も生徒主体となっていて、例年盛り上がりを見せています。

  • 高校選択の決め手

  • 行事

    文化祭

    毎年生徒が主体となって行われています。屋台や各部活、同好会の出店、展示、実演は勿論、男女装コンテストや漫才など、毎年様々な企画が行われます。お化け屋敷は例年好評です。また、各クラスで社会を風刺する作品を作ります。その出来やメッセージ性を競うクラスデコレーション(クラデコ)では、毎年各クラスの個性が良く表れた作品を見ることができます。 そして何より、2日目の夜、最後に打ち上げられる花火は圧巻です。仲の良い友達と、気になるあの子と…

  • 勉強

    授業など

    50分7コマ、若しくは55分6コマ、曜日で異なります。主要教科では毎週ミニテスト(単語テスト)やちょっとした課題が課されます。たまに行われる単語帳全範囲のテストや計算のテストで高得点を取ると、景品がもらえたり、課題免除となります。  こうして高いモチベーションを維持して勉強することができる学校です!

  • 制服

  • 部活動

    秋田高校は文武両道の精神を掲げ、生徒の部活動、同好会所属率はほぼ100%を超えています。僕の所属する部活動はインターハイにも出場するほどの実績を持っていて、校内でも厳しい部活の1つです。全ての部活、同好会でそれぞれの出会いがあります。人間関係は勿論、社会勉強にもなります。しかし、勉強に集中するために部活に入らない、辞めるという人もいると思います。でも、僕は厳しい練習の日々があるからこそ、勉強に対する緊張、焦燥感が高まり、いずれも継続できるようになり、また、そうした努力はいつかきっと身になると思っています。  是非皆さんも興味のある部活に入ってみてください!

  • 校則

  • アクセス

その他の先輩

受験対策

  • 入試対策

  • おすすめゼミ教材BEST3

    EVERES(オプション教材)

    決まった時間にライブ授業を受けられたので、勉強習慣が自然と身に付いたよ。また、クラス別のライブ授業も録画されていたので、理解があやふやな所はもう一度、もっと発展的な内容をと思ったら上のクラスを、みたいな感じで様々な問題を解けて勉強の引き出しが増えたよ。

  • 合格までの道のり

    中二 1~3月

    あまり受験は意識していなかった。ただ、1月号の合格可能性判定模試の結果が良かったので、志望校について照準を合わせたよ。また、中学校3年生になると勉強量が増えるので、勉強習慣が崩れないように毎日チャレンジをやったよ。

  • 必勝アドバイス

    やる気UPアドバイス

    受験勉強中はよく走っていた。個人的には汗をかくことで気分転換になるし、部活を引退して失った体力を取り戻すことができて一石二鳥だった。また、テンポが速い音楽を聴くと自然とテンションが上がり、机に向かおうと思えるのでかなりお薦めです。【知っトク勉強法】理科と社会の用語を「入試によく出る基礎」を使って友達に問題を出していた。問題を口に出して出すので解く側よりも出す側の方が力がつく気がします。

入試本番

  • 入試本番 ~試験編~

    「学力検査」の問題

    [学力検査の問題] 数学の小問集合が予想以上に難しかった。入試が終わった後に地域の塾のブログを見てみたところ、正答率は低かった。

  • 入試本番 ~会場編~

    会場に着くまで

    家から高校まで親のクルマで送ってもらった。たまたま雪が少なく、渋滞にはつかまらなかったが、遅く来て焦っている人もいた。少し早いと思う位がちょうど良い。時間の余裕は心の余裕に繋がるよ。

  • 後輩へのアドバイス

    入試直前の心がまえ

    睡眠時間を削って勉強するのは厳禁。僕の周りは睡眠時間を削って勉強する=カッコいいという人が多かった。その影響で僕も一度遅くまでやってみたが何もメリットがなかった。眠気と戦うのに脳が集中し問題は全く解けない状態。解けたとしても翌朝にはほとんど忘れてる。逆に朝に勉強してみたら脳がスッキリしていて能率的に勉強できた。早寝早起きをすることで生活リズムは安定し最終的には入試に臨むモチベーションも安定した。

無料体験教材のお申し込み ×