最新入試情報

【佐賀県】2020年度県立高校入試 志願状況・倍率・日程をチェックしよう!

佐賀県教育委員会より発表された情報をもとに、2020年度(令和2年度)県立高校入試に関する情報を紹介します。 ここでは、入試日程、志願状況、倍率などの入試結果をまとめました。最新情報が発表され次第、このページの情報も更新していきます。

佐賀県2020年度(令和2年度) 県立高校入試 志願状況・合格発表

佐賀県2020年度(令和2年度) 県立高校入試日程

特別選抜

これまでの「特色選抜試験B方式」が「特別選抜」として実施されます。

志願期間:2020年1月30日(木)~1月31日(金)
学力検査等:2020年2月6日(木)
合格者発表:2020年2月13日(木)

平成31年度(2019年度)まで「スポーツ推進指定校」と「芸術推進指定校」のみで実施されてきた「特色選抜試験B方式」が、令和2年度(2020年度)入試より「特別選抜」として実施される。
募集人員は県教育委員会が個別に定めるが、「スポーツ推進指定校」、「文化芸術推進指定校」に、新たに「学校希望に基づく募集枠」が設けられた。
選抜実施時期は2月上旬で、これまでの特色選抜試験とほぼ同じ日程で実施される。
合否は、学力検査(国語・数学・英語の内容)、実技検査・実績評価表、面接の結果、内申書から総合的に判定される。学力検査と実技検査・実績評価表を合わせた評価の割合は、選抜資料全体の50%以上。それぞれの評価割合は、高校・学科によって異なり、募集要項で発表される。

佐賀県 「特別選抜」の概要
募集枠選抜方法
●スポーツ推進指定校
・競技実績に基づく募集枠
・学校希望に基づく募集枠
・学力検査(国・数・英)
・実技検査・実績評価表
・面接
・内申書
●文化芸術推進指定校
・教育課程に基づく募集枠
・学校希望に基づく募集枠

一般選抜

これまでの「特色選抜試験A方式」と「一般選抜試験」が統合され、「一般選抜」として実施されます。

志願期間:2020年2月18日(火)~2月19日(水)
志願変更願:2020年2月25日(火)~2月26日(水)
志願変更届:2020年2月27日(木)
学力検査等:2020年3月4日(水)~3月5日(木)
追検査等:2020年3月10日(火)※実技検査は実施校のみ3月11日(水)に実施
合格者発表:2020年3月12日(木)

平成31年度(2019年度)まで実施されていた「一般選抜試験」と「特色選抜試験A方式」が統合され、3月上旬に「一般選抜」として実施される。
募集人員は、募集定員から「特別選抜」の合格者と併設の中学校からの入学内定者を除いた人数。
中学校での活動を丁寧に評価し、多面的な視点や尺度で選抜するために、「選考Ⅰ」と「選考Ⅱ」の2つの異なる選考方法で合格者を決定する。
合否は、5教科の学力検査、面接の結果、内申書から総合的に判定され、芸術科目を重視する学科では実技検査も実施される。
学力検査の配点は原則250点だが、「選考Ⅰ」においては傾斜配点が実施される場合もある。「選考Ⅰ」では、学力検査の評価割合は50~70%の範囲で各高校・学科が定める。「選考Ⅱ」では、多くの高校は、学力検査を250点、面接と内申書を合わせて100点の配点とし、学力検査の評価割合は70%程度となる。学力検査や内申書、面接の割合などの評価基準は、事前に募集要項で発表される。

佐賀県 「一般選抜」の概要
選考募集枠選抜方法
選考Ⅰ 「一般選抜」募集定員の10~30%
※高校によって異なる
学力検査の評価割合は50~70%の範囲
・学力検査(5教科)
・面接
・内申書
選考Ⅱ 「一般選抜」募集定員から「選考Ⅰ」で合格した者を差し引いた人数 学力検査の評価割合は70%程度
・学力検査(5教科)
・面接
・内申書

第二次募集

県教育委員会が第二次募集を行うことが必要であると認めたときは、以下の日程で実施されます。

志願期間:2020年3月13日(金)・2020年3月16日(月)
面接等:2020年3月18日(水)
合格者発表:2020年3月23日(月)

詳しくは、佐賀県のWebサイトでご確認ください。

高校入試情報サイトには佐賀県の高校入試情報、先輩体験談が満載!

高校入試情報サイトでは、佐賀県の入試制度や高校情報、先輩体験談など高校入試に役立つ情報を多数掲載しています。志望校を考えたい時や説明会の前などにぜひご活用ください。

※閲覧タイミングによっては、入試日程や内容が最新年度に更新されていない場合があります。ご了承ください。

進研ゼミ『中学講座』 佐賀県入試分析担当

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(佐賀県)

特集

過去の高校受験ニュース(佐賀県)

無料体験教材
お申し込み
春の総復習ドリル
無償配布中