知っておきたいポイントを解説
受験コラム
全国

【全国】高校・学科紹介:工業教育に力を入れている高校・学科の魅力!

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

工業系の専門学科が設置されている高校では、機械や電気、情報技術など、工業系の知識や技術を重点的に身につけることができます。最近はどのような取り組みがされているのでしょうか。その特徴や魅力をご紹介します。

【全国】高校・学科紹介:工業教育に力を入れている高校・学科の魅力!

工業教育に力を入れている高校・学科の最近の特徴は?

工業教育に力を入れている高校・学科は、将来工業系の大学などに進みたい人、工業系の職業に就きたい人などに向いています。国語や数学などの普通教科のほかに、工業系の専門科目を学ぶことができ、機械や電気、情報技術など、工業系の知識や技術を重点的に身につけることができます。高校によって、機械系、建築系など、学べる内容はさまざまです。なかには、日本建築科、セラミック科、繊維デザイン科など、地域の伝統技能に関連した知識や技術を身につけられる工業高校もあります。インターンシップなど、実践的な教育を行う高校もあります。

工業教育に力を入れている高校では、どんなことが学べる?

具体的にはどんな取り組みをしているのか、例をご紹介します。

工業系の専門科目について、知識も技術も身につけられる!

機械、電気、土木、建築、化学など、自分が専門とする科目について、しっかりと学ぶことができます。知識だけでなく、技術を身につけられる実習も多く、設備も整っています。

将来の職業に役立つ資格の取得にも力を入れている!

自動車整備士やボイラー技士、電気工事士(第一種・第二種)、情報技術検定、機械製図検定など、専門分野に関する資格取得のための指導が充実しています。

就業体験やロボット競技会など、工業系ならではの行事も!

自分の専門分野に関連した企業や施設で数日間実習を行う就業体験や、ものづくりコンテストやロボット競技会などのコンテストに出場するなど、工業系ならではの行事があります。

工業科:たとえばこんな時間割!

工業教育に力を入れている高校・学科の卒業生の進路は?

専門分野についての資格取得や検定向けの対策が充実しているため、卒業後は、資格を生かした仕事に就くことが可能です。地元の基幹産業に関連した職業に就く人が多くいるほか、最近では、大学の工学部などへの進学者も増えています。

実際に通っている先輩のナマの声をご紹介!

実際に工業系の高校・学科に通っている先輩たちが書いてくれた「高校大自慢」をご紹介します。工業系の高校・学科ならではの魅力をチェックしましょう。

社会に貢献できるような資格を、たくさん取ることが可能!

総合工科高校はできてからまだ2年目なのでとても綺麗です。夏の間は常に冷房が効いています! 1年生は10組まであって、全員が共通の各工業科の基礎を学び、2年生になったら自分に最も合った専門学科に分かれることになっています。行きたい学科をゆっくり時間をかけて選べるところが気に入っています。設備は愛知県の工業高校の中でも、かなり上位の設備が整っています。旋盤は40台くらいあり、高価な機械などがそこら中にあります! 卒業後はしっかり社会に貢献できるように、資格をたくさん取ることが可能です。
(愛知県 愛知総合工科高校 拳で。先輩)

専門的な勉強やモノ作りが、おもしろいよ!

普通科とはちがって、専門的な勉強をすごくできるよ。学科によっては、小さい家を作ったり、レスキューロボットを作ったりできるので、ものすごくおもしろい! 校庭が広くて部活動も盛んで、全国大会などにも行っているので、やりがいがあるよ。就職に関しても、上位を狙ってしっかり勉強しておくと有利になるから、お得だよ。
(大阪府 都島工業高校 機械・機械電気科 S先輩)

伝統行事も授業も設備も充実、就職に強い高校です!

工業の分野では良い成績を残していて、銅鐸の製作などでテレビや新聞で取り上げられたりしているところが自慢です。それと、地域と連携した行事などがたくさんあります。例えば海上運動会。昔から受け継がれている伝統の行事で、クラスで船を漕いでゴールしたときの団結力、達成感はここでしか味わえません。勉強に関しては、工業系の設備が整っていて、旋盤、溶接、鍛造、CNC工作、CAD、フライス加工などなんでもできます。授業の一環として資格を取得することができて、将来就職してから必要とされる知識を学べる高校です!
(兵庫県 相生産業高校 機械科 H・Y先輩)

※ここでご紹介している「先輩のナマの声」は進研ゼミ<高校入試情報サイト>の「先輩体験談(2019~2018)」をもとに作成しています。最新の情報は各高校のWebサイトなどでご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

Twitter LINE はてなブックマーク

クローズアップ

受験コラム

高校受験ニュース

ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×