知っておきたいポイントを解説
受験コラム
山口県

【山口県】中3生はいよいよ受験校決定! 三者面談までにするべきことは?

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

11月から12月にかけて行われる中3の三者面談は、「どの高校を受験するか」という意思を確認する場です。当日になってあわてたり迷ったりしないためにも、この三者面談までに準備しておきたいことをご紹介します。

【山口県】中3生はいよいよ受験校決定! 三者面談までにするべきことは?

三者面談の限られた時間内に、公立も私立も受験校を決める!

万全の準備で、三者面談に臨もう

三者面談は時間が限られていますので、決められた時間内に受験校を決定できるように準備を進めていきましょう。

これまでの三者面談と違い、受験校決定という大切な面談だけに、保護者の方も緊張してしまうかもしれませんが、お子さまのためにも言うべきことはしっかり言い、担任の先生に質問したいことはしっかり質問できるようにしましょう。そのためには、話し忘れや聞き忘れがないように、メモを作って臨み、担任の先生からもらうアドバイスなども忘れないようにメモするようにしましょう。

三者面談用の絞り込みシートを使って、受験候補校をリスト化しよう!

いくつかの高校の中で迷っている場合は、気になる高校を比較できる下図のような「三者面談用 受験校絞り込みシート」で、受験校を絞り込んでみることをおすすめします。「三者面談用 受験校絞り込みシート」(PDF)をプリントアウトして、ご活用ください。

受験候補校をリスト化することで、三者面談当日の話し合いを具体的にスムーズに進めることができます。

お子さま自身が優先したい観点にしたがって評価することで、複数校の比較がしやすく、絞り込みやすくなります。例えば、「カリキュラム」や「大学合格実績」、「通学時間」「学校の雰囲気」「気になる部活があるか」など、<記入見本>のように、チェックポイント欄に記入して、比較しやすいように絞り込みシートをご活用ください。

併願校の私立高校の場合は、入試日のほかに、合格発表日、入学手続き締切日、入学手続き費用なども記入しておきましょう。とくに公立高校の合格発表日の前に手続きが必要かどうかが重要となります。

併願校も実際にお子さまが通う可能性のある高校ですので、後悔することがないよう、じっくり話し合って真剣に選びましょう。

※PDFをプリントアウトして、ご活用ください。

大切なのは、お子さまと保護者の方がしっかり話し合ってから、三者面談に臨むことです。

三者面談で、担任の先生から想定外の意見をいただく場合もあります。すぐにその場で結論が出せない場合は、先生にいつまでに決める必要があるかを確認したうえで、一度家に持ち帰り、じっくり考えてから結論を出しましょう。何よりも、焦らず、納得のいく受験校を決めることが大切です。

この記事は役に立ちましたか?

Twitter LINE はてなブックマーク

クローズアップ

受験コラム

高校受験ニュース

ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×