最新入試情報

【兵庫県】いよいよ受験校決定!中3の個別保護者会までに保護者がやっておきたいこと

11月から12月にかけて行われる中3の個別保護者会は、担任の先生と保護者と当事者であるお子さまの三者で、受験校を確認する場です。
限られた時間の中で、三者がしっかりと確認し、納得できるように、事前に準備しておきたいポイントをまとめました。

【兵庫県】いよいよ受験校決定!中3の個別保護者会までに保護者がやっておきたいこと

万全の準備で、個別保護者会に臨もう

保護者の方の時代と違って、中学校の先生が一方的に受験する高校を決めることはありません。
あくまでも、お子さま本人とご家族の相談の上で受験校を決めますので、事前に話し合ってある程度は決めておきましょう。
そのうえで、迷うことがあれば、中学校の先生に相談するのがよいかと思います。
時間内に受験校について話ができるよう、万全の準備をしておきましょう。

  • 第一志望は公立高校か私立高校か決めておく
  • 第一志望が公立高校の場合、推薦入学、特色選抜で受験するか決めておく
    (推薦入学は中学校長の推薦が必要なので、校内で審査委員会が設けられ、そこでの審査結果で受験できるかどうかが決まります。)
  • 私立高校の受験校・学科を決めておく(回し合格があるか、入学手続時納入金の延納ができるかなども調べておく)
  • 推薦入学、特色選抜で合格できなかった場合の一般選抜での受験校を決めておく
    (これは1月の個別保護者会での本題になるので、おおまかに決める程度でもOK)
  • お子さまの成績を把握しておく
  • お子さまから志望校を選んだ理由や、高校進学にあたって重視したいポイントなどを聞いておく

絞り込みシートを使って、受験校を決定

いくつかの高校の中で迷っている場合は、気になる高校を比較できる「三者面談用 受験校絞り込みシート」をおすすめします。プリントアウトして、ご活用ください。 受験候補校をリスト化することで、面談当日の話し合いをスムーズに進めることができます。
お子さま自身が優先したい観点にしたがって評価することで、複数校の比較がしやすく、絞り込みやすくなります。

三者面談用 受験校絞り込みシート

併願校の私立高校の場合は、入試日のほかに、合格発表日、入学手続き締切日、入学手続き費用なども記入しておきましょう。
併願校も実際にお子さまが通う可能性のある高校ですので、後悔することがないよう、じっくり話し合って真剣に選びましょう。

万が一「まさか」の提案をされたら?

面談の中で、相談して決めたはずの受験校について、先生からよい返事がいただけず、他の高校を受験してはどうかという提案を受けることもあります。

そのような場合には、その場で即答せず、一旦家庭に持ち帰り、お子さまとじっくり話し合ってから決めるのがよいでしょう。

また、私立の併願校も、考えていたところと違う高校を提案された場合には、一旦持ち帰り、できれば見学に行って納得したうえで決めるのがよいでしょう。
説明会がもう終わってしまっている場合でも、高校に電話をして「こういう理由で見学したい」と伝えれば、受け入れてもらえる場合もあります。
時間がない中で、電話をしたり、見学に行ったりする必要があるので、保護者の方がサポートして、お子さまが不安にならないようにしてあげてください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(兵庫県)

特集

過去の高校受験ニュース(兵庫県)

無料体験教材
お申し込み
春の総復習ドリル
無償配布中