最新入試情報

【神奈川県】中3生はいよいよ受験校決定!三者面談前に準備すべきこととは?

中3の11~12月頃に行われる三者面談は、「どの高校を受験するか」という意思を確認する場。さらに、私立高校を推薦・一般(併願)・書類選考で受験する場合は、各高校の内申点などの出願資格を満たしているかどうかの最終的な確認も行います。
当日になってあわてたり迷ったりしないためにも、この三者面談までに準備しておきたいことをご紹介します。

【神奈川県】中3生はいよいよ受験校決定!三者面談前に準備すべきこととは?

三者面談当日までの事前準備が大事

1.家庭内で話し合い、第一志望校+併願校2~3校を決めておく

三者面談当日、親子で意見が食い違って話し合いにならなかったということにならないよう、家族間でお互いの意思を確認しておきましょう。その際、お子さまからは具体的な高校名だけでなく、「高校~その先の将来の希望」、「なぜその高校に行きたいのか」をしっかり聞きましょう。先生との話し合いがスムーズになりますし、志望動機が明確になることでモチベーションもアップします。

2.子どもの成績を確認しておく

先生からお子さまの成績に関する資料が用意されますが、その場で成績を見てびっくり!では有益な話し合いができません。学校外で受験した模試の結果表は、先生が把握していない場合もありますから、当日持参するとよいでしょう。

3.先生に質問したいことはまとめておく

面談の時間は限られています。終わった後で「これも聞いておけばよかった」とならないよう、先生に聞きたいことは事前にメモにまとめておきましょう。こんなこと聞いていいかしら?などと恥ずかしがる必要はありません。三者面談とはそのための時間ですから有効に活用しましょう。

私立の併願には内申点などの出願資格を満たしていることが必要

公立高校が第一志望の場合、私立高校は一般入試のうちの「併願」や「書類選考」で受験することが多いと思います。「推薦」、一般入試の「併願」・「書類選考」などは、12月中旬頃に中学校と高校で事前相談を行い、その段階でほぼ合否が決まります。三者面談の場では、どの私立高校を受験するかまで決定しておく必要があります。
私立高校では、推薦入試でも一般入試(併願・書類選考)でも内申点などの出願資格を設けているところが多く、その資格を満たしていないと事前相談ができません。いざ希望する併願校が決まっても、「条件をクリアできず併願校が決まらない」ということがないよう、複数の候補を考えておくことが必要です。

書類選考で受験できる高校、併願の基準など、受験校に関するお困りは<進路個別相談ダイヤル>へ

「受験校を挑戦校にすべきか迷う」、「受験校と併願校の組み合わせに自信がない」など、受験校決定に関してお困りの際は<進路個別相談ダイヤル>へご相談ください。
中学校の成績や、進研ゼミの<合格可能性判定模試>、会場模試などのデータをもとに、神奈川県の進路専門アドバイザーが、受験校決定のためのアドバイスをさせていただきます。ぜひご活用ください。
進研ゼミ会員の保護者の方のみご利用できます。

書類選考で受験できる高校はこちらで確認!

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(神奈川県)

特集

過去の高校受験ニュース(神奈川県)

無料体験教材のお申し込み ×