最新入試情報

【東京都】2020年度学力検査は国語の平均点が上昇

東京都は、2020年度(令和2年度)都立高校入学者選抜の学力検査結果に関する調査報告書を発表しました。

2020年度 都立高校入試の平均点

第一次募集・分割前期募集(2020年2月21日実施)で、全日制課程を志願し、共通問題の学力検査を受検した受検者の教科別の平均点は、次のとおりでした。

受検者の教科別平均点(各教科100点満点)
2020年度 2019年度
国語 81.1点 71.0点
数学 61.1点 62.3点
英語 54.7点 54.4点
社会 57.0点 52.7点
理科 53.4点 67.1点
合計 307.3点 307.5点

2020年度共通問題の学力検査の平均点合計は、前年度より0.2点下降と合計点の差に変化はありませんでした。しかし、教科別の平均点を見ると、国語の平均点は前年度よりも約10点上昇。社会の平均点も約5点上がりました。数学と英語の平均点は前年度よりもわずかに下がったものの、ほとんど変化はなく、一方、理科の平均点は前年度より約14点も下がりました。

教科ごとの出題の方針、各問のねらい、得点分布状況、各問の内容や正答率、誤答分析、まとめと指導の改善の視点などについても発表されています。

詳しくは、東京都のWebサイトでご確認ください。

進研ゼミ『中学講座』 東京都入試分析担当

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×