最新入試情報

【東京都】2020年度:都立高校入試分析(2)-学力検査の傾向と対策

2020年度の都立高校入試の結果の振り返りや学力検査の傾向と対策についてお伝えします。
第2回目の今回は、学力検査の傾向と対策について解説します。

【東京都】2020年度:都立高校入試分析(2)-学力検査の傾向と対策

ほとんどの高校で共通問題、一部の高校は自校作成問題などの独自の問題を実施

都立高校入試の学力検査問題は基本的には共通問題で実施されますが、一部の高校では英語・数学・国語の3教科で自校作成問題など高校独自の問題で実施されます。自校作成問題実施の高校も英語のリスニング問題、理科・社会は共通問題が実施されます。

自校作成問題実施校(2020年度入試)
進学指導重点校 日比谷、戸山、青山、西、八王子東、立川、国立
進学重視型
単位制高校
新宿、墨田川、国分寺

共通問題はマークテスト方式
ただし、記述問題も出題される

共通問題は、マークテスト方式ですが、どの教科も記述問題が出題されます。基本的な知識問題から思考力・判断力・記述力を測る問題まで出題されています。
共通問題の平均点は、各教科とも年によって変動しますが、5教科合計ではだいたい300点前後で推移しています。

東京都一般選抜学力検査(共通問題)の平均点推移
国語数学英語社会理科5教科合計
H2765.662.063.459.159.4309.5
H2873.960.957.459.350.6302.1
H2969.556.357.858.655.9298.1
H3065.966.568.061.561.5323.4
H3171.062.354.452.767.1307.5

自校作成問題はより高度な思考力・判断力・表現力を問う問題

自校作成問題は、各高校が作成するため、問題の内容はどのような生徒に入学してもらいたいとその高校が思っているかのメッセージと言えます。文章・問題文が長い、テーマが難しい、記述量が多いなど、共通問題よりも高度な思考力・判断力・表現力を問う難度の高い問題が出題されています。

今からできる対策はコレ!

●共通問題は基本的な知識をしっかりと積み上げることはもちろん、記述問題にも対応できるようにしておくことが必要。

●自校作成問題実施校を志望する場合は、中三生の夏までに基礎を固め、応用問題の対策に時間をさけるようにすることが重要。

この記事を書いた人

東京都入試分析担当

東京都入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

東京都の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×