最新入試情報

【東京都】2020年度(令和2年度)募集定員や、2021年度(令和3年度)の募集停止予定校を発表

都立高校の2020年度入試の募集定員や、2021年度で募集停止予定校が発表されました。

【東京都】2020年度(令和2年度)募集定員や、2021年度(令和3年度)の募集停止予定校を発表

2020年度の募集人員は、昨年度より1225人減!

都内の公立中学校卒業者の減少なども背景に、2020年度の募集は、全日制高校で、学校数171校(前年度よりも1校減)、学級数1035学級(前年度よりも32学級減)、募集人員40470人(前年度より1225人減)となりました。
募集人員が減る高校は、志願者数が前年度とそれほど変わらなければ、倍率は高くなります。前年度の倍率も確認しておきましょう。

2021年度から富士高校・武蔵高校は募集停止予定。それに伴い2021年度からグループ作成問題は実施せず

以前から発表されていましたが、2021年度から順次併設型中高一貫教育校の高校募集が停止になります。

これらの併設型中高一貫教育校は、一般選抜の学力検査でグループ作成問題を実施していましたが、順次高校募集が停止することに伴い、2021年度都立入試から、グループ作成問題は実施されず、共通問題での実施となります(2021年度入試では、両国、大泉、白鷗が共通問題を実施)。

併設型中高一貫教育校の高校募集停止について
2021年度 富士高校、武蔵高校
2022年度 両国高校、大泉高校

これらの高校を志望している人は、共通問題の出題傾向などを確認しておきましょう。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×