最新入試情報

【東京都】中3 三者面談前、受験校決定のポイント

中3の12月上旬頃に受験校を決定するための三者面談が行われる中学校が多いと思います
三者面談までにご家庭でどこまで決めておけばよいかを確認し、準備を進めておきましょう。
今回は都立第一志望の方の場合を例に、見ていきます。

【東京都】中3 三者面談前、受験校決定のポイント

受験校決定はまず併願私立高校から

東京都の入試では、都立高校入試の前に私立高校入試がおこなわれます。行ってもいいと思える私立高校が押さえられているなら、実力よりちょっと上の都立高校に思い切って挑戦することができます。
逆に、行きたいと思える私立高校が押さえられなかった場合は、都立高校は確実に合格できる高校を受験することになります。
このように、希望する併願私立高校が押さえられるかが、受験校決定の第一要素です。

併願優遇の基準は必ずチェック

併願優遇とは、各高校・学科・コースなどで設定した内申点などの基準をクリアすると、出願でき、当日の学力検査点に加点などの優遇を受けることができる制度です。都立高校が第一志望の場合は、併願優遇で1校押さえておくと安心です。
併願優遇は12月中旬頃に中学校と高校で事前相談をするため、三者面談でどの私立高校を併願優遇で受験するのかについて決定する必要があります。三者面談で現時点での内申点を教えてもらうのですが、そのときになって、出願基準に足りなくて出願できない!ということがないように、複数の候補を考えておくことが必要です。

三者面談までにやっておきましょう

  • 私立併願校の候補を2~3校、親子で話し合って考えておく。
  • 併願校は進学する可能性があるので、必ずお子さまも含めて候補の高校すべての学校を見学する。
  • 学校説明会などでは出願基準の基準値を教えてもらえることもあるので、それも控えておく。

私立併願校の状況によって都立高校を決定

併願私立高校が決まったら、都立高校を決定します。私立併願校がどこかによって、都立高校も変動する(挑戦校にするか、安全校にするかなど)可能性がありますので、都立高校についても三者面談までに複数の候補を考えておくことが必要です。

都立高校は推薦選抜も受けるのか、一般選抜のみにするのかも決定

都立高校の選抜には推薦選抜と一般選抜がありますが、推薦選抜には中学校長の推薦が必要です。
もし推薦選抜を受検したいと考えている場合は、中学校長の推薦がもらえそうか、三者面談で先生に確認する必要があります。

三者面談までにやっておきましょう

  • 都立高校の候補を2~3校、親子で話し合って考えておく。
  • 候補にしている高校は、必ずお子さまも含めてすべての学校を見学する。
  • 推薦選抜を受検するかどうかについて親子で話し合っておく。

受験校決定で迷った時は<進路個別相談ダイヤル>へ

「複数の候補など考えてもいなかったので、どこにすればよいかわからない」「あの高校は今の成績で合格できそうか」など、お困りの場合はできるだけ早く<進路個別相談ダイヤル>へご相談ください。
ご希望をお伺いしながら、豊富なデータをもとに、専門のアドバイザーが候補となる高校のご提案やアドバイスをします。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×