東京都の高校入試情報
入試日程 入試制度 内申書 学区 出題傾向分析と対策

東京都 入試データ

東京都 都立高校入試日程(2020年度)

推薦選抜

出願受付日 2020年1月22日(水)
検査日 2020年1月26日(日)・2020年1月27日(月)
合格発表日 2020年1月31日(金)
備考 ※国際高校の国際バカロレアコースは、推薦選抜と同一日程で実施。
ただし、願書受付は1/21、1/22の2日間で実施。

一般選抜

出願受付日 2020年2月5日(水)〜2020年2月6日(木)
検査日 2020年2月21日(金)
追検査日 2020年3月10日(火)
合格発表日 2020年3月2日(月)
備考 ※インフルエンザ等学校感染症罹患者等に対する追検査は、分割後期募集・全日制第二次募集と同日程で実施。追検査の合格発表は3/16。

公立高校・私立高校 内申書・調査書(平成31年度)

内申点は中三の成績のみが対象になる。学力検査に基づく選抜の場合、9教科の成績を5段階で評価し、学力検査がない実技教科に重みをつける。内申点は、「5教科×5段階」+「実技4教科×5段階×2倍」の65点満点となる(芸術および体育に関する学科は「国数英の3教科×5段階」+「それ以外の6教科×5段階×2倍」の75点満点)。

都立高校入試 一般選抜(学力検査に基づく選抜)(平成31年度)

(第一次募集・分割前期募集)
おもに学力検査点と内申点、高校によっては面接や作文なども実施し、それらの総合成績で合否判定。学力検査点と内申点は計1000点満点(総合得点)に換算される。学力検査点:内申点の比率は全日制高校では原則として7:3(芸術および体育に関する学科は6:4)。傾斜配点を実施している高校・学科・コースもある。国数英を自校作成問題、またはグループ作成問題で実施する高校もある。

都立高校入試 推薦選抜(推薦に基づく選抜)(平成31年度)

一般推薦と文化・スポーツ等特別推薦がある。一般推薦での合否は、「内申書(「観点別学習状況の評価」か「評定」のどちらかを点数化したもの)」「個人面接および集団討論」「小論文または作文、実技検査、その他学校が設定する検査のうち、1つ以上」の3つをあわせた総合成績により判定される。文化・スポーツ等特別推薦では、実施する高校ごとに推薦基準があり、同じ高校・学科に限り、一般推薦との併願が可能。

東京都 都立高校学費情報(平成31年度)

課程区分 入学考査料 授業料 入学料
全日制 2,200円 118,800円 5,650円
課程区分 全日制
入学考査料 2,200円
授業料 118,800円
入学料 5,650円

※授業料は就学支援金減額前の金額です。

東京都 都立高校入試 出題傾向分析と対策(平成31年度)

英語
傾向1
長文読解が大問4問中3問も出る!
対策
小問の数が多く、長さも約690語の長文が出題されていますので、スピードを意識して解くことがとても大事です。東京都の長文読解は、出題形式が毎年ほぼ同じです。入試本番で速く、正確に解けるように対策していきましょう。
傾向2
メールの返事を3文書く英作文が出る!
対策
東京都では「メールなどの返事を書く問題」が3年間連続で出題され、配点も12点と高いです。英文を書くコツは、自分の知っている文法や単語を使うことです。文の構成や理由の書き方を身につけていきましょう。
数学
傾向1
大問1で、基本的な内容を問う問題が全体の約5割分※出る!
対策
ここでとりこぼさず得点できれば、平均点がねらえます。数と式・関数・図形・資料の活用の4分野すべての基本的な知識を、きちんと身につけておくことが大切です。教科書レベルの問題は確実に得点できるよう、繰り返し練習していきましょう。
傾向2
大問4で記述式の「図形の証明問題」が出る!
対策
注意したいのは大問4の「図形の証明問題」です。問題文からわかることを図にかく→見通しを立てるという流れを練習していきましょう。記述の練習をして入試本番で得点できるようにしましょう。

※約5割分とは、配点に占める割合です。

国語
傾向1
約3000字の説明的文章が出る!
対策
作文も含め20分程度で文章全体の内容を正確におさえて解くことが必要になります。長めの説明的文章の問題に取り組んで、長い文章でも短時間で解けるコツをおさえましょう。
傾向2
2つ以上の文章を読んで答える問題が出る!
対策
普段あまり取り組んだことのない問題はコツをおさえていないと間違えやすいです。複数の文章からなる問題に取り組んで、コツをおさえて解けるようになりましょう。
理科
傾向1
大問1・2で、各分野の基本的な知識で解ける小問集合が4割※も出る!
対策
問題文が長いのが特徴です。難しく見えますが、基礎知識で解ける小問集合をおさえるだけで平均点の半分以上を取れる内容になっています。基礎をおさえながら過去問演習で入試の形式に慣れておくことが大切です。
傾向2
「電池とイオン・中和」が出やすい!
対策
特に、「電解質の水溶液に金属板を入れ電流をとり出す実験」や「塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和」がよく出題されています。電池になる条件としくみ、中和のしくみをおさえておくことが大切です。

※4割とは、配点に占める割合のことです。

社会
傾向1
表や地図など、複数の資料を読みとる問題が約3割※出る!
対策
東京都は約30点分が複数の資料を読みとる問題です。全体的に多くの資料を読みとる必要があるため、スピードが求められます。読みとりのコツを身につけて、速く解けるようにしていきましょう。
傾向2
歴史の並べ替え問題など、時代や順番を問う問題が出る!
対策
東京都では約15点分が歴史の時代や順番を問う問題です。できごとをばらばらと覚えるのではなく、つながりをとらえることが攻略のコツです。できごとのつながりを大きな流れでおさえて対策しておきましょう。

※約3割とは、配点に占める割合のことです。

受験ニュース/コラム

クローズアップ

受験コラム

高校受験ニュース

東京都進路相談Q&A

Twitter LINE はてなブックマーク
ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×