最新入試情報

【千葉県】2019年度 公立高校の入試結果分析

2019年度(平成31年度)の千葉県公立高校入試の全体受検倍率は、前期選抜が1.71倍、後期選抜が1.35倍。最近5年間の中ではもっとも倍率が低い入試となりました。全体倍率は下がりましたが、すべての高校の入試が楽になったわけではありません。

【千葉県】2019年度 公立高校の入試結果分析

前期受検倍率は県立船橋・理数科の4.46倍が最高! 5校6学科で3倍超え!

県立船橋、県立千葉、千葉東、市立松戸、成田国際では前期選抜の受検倍率が3倍を超えました。この5校6学科だけでも受検者数2,683人中、募集枠は840人で、1,843人が不合格になるという厳しい入試でした。

2019年度(平成31年度)前期選抜受検状況
学 校 名 学 科 名 定員 前期選抜
募集枠
受検者数 受検倍率
(※下段はH30の
前期受検倍率)
船橋(県立) 理数科 40 24 107 4.46
(2.88)
船橋(県立) 普通科 320 192 627 3.27
(3.45)
千葉(県立) 普通科 240 144 454 3.15
(2.92)
千葉東 普通科 320 192 605 3.15
(3.18)
松戸(市立) 普通科 280 168 527 3.14
(2.19)
成田国際 普通科 200 120 363 3.03
(2.83)

なぜ上記の高校に多くの受検生が集まったのでしょうか。

【ポイント1】県立船橋高校の充実した進路指導と好調な進学実績

理数科、普通科とも高倍率だった県立船橋高校は、「船高カレッジ」という分野別大学模擬講義に代表される手厚い進路指導や、その結果として、国公立大学への合格者数や、現役進学率が伸びています。そうした背景から、進学を重視する受検生が多く集まったと考えられます。

【ポイント2】市立松戸高校の受検者増には学区の拡大が影響か

市立松戸高校の普通科は、平成30年度入試までは松戸市内に住む中学生のみが受検できましたが、平成31年度入試より、市川市、船橋市なども受検可能に。このことが受検生の増加に影響したようです。

【ポイント3】募集定員の減少にも注目

千葉県では人口減に合わせて、毎年、募集定員の調整を行っています。上記高校の中では千葉東高校が、昨年よりも定員が40名減。また、前期の受検倍率が2.99倍だった東葛飾高校では東葛飾中学校からの内部進学生80名分の定員を減らしました。募集定員は受検倍率に影響しますので、注目してみましょう。

今回ご紹介した高校についてくわしい情報や、実際に通う先輩の体験談をご覧いただけます。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(千葉県)

特集

過去の高校受験ニュース(千葉県)

無料体験教材のお申し込み ×