最新入試情報

【埼玉県】私立高校の学費はいくらかかる?

国や埼玉県で私立高校の授業料などへの支援が手厚くなっていますが、家計への負担がゼロになるわけではありません。軽減されても、納入しなくてはいけない費用についても確認し、学費の準備をしておきましょう。

【埼玉県】私立高校の学費はいくらかかる?

埼玉県の私立高校等父母負担軽減事業補助制度とは?

埼玉県では、国の就学支援金にプラスして、世帯年収(目安)が約609万円(補助要件を満たす多子世帯は約720万円)までの世帯には、378,000円まで授業料を補助する制度があります。また、施設費等は、世帯年収(目安)約500万円までの世帯に200,000円まで、入学金についても、世帯年収(目安)が約609万円までの世帯には、100,000円までを補助する制度もあります。

埼玉県の私立高校等父母負担軽減事業補助制度についてはこちらで確認しておきましょう。

2020年度(令和2年度)の私立高校の平均授業料は約38万円

埼玉県内にある私立高校の平均授業料は、379,058円です。

2020年度の埼玉県の父母負担軽減事業補助制度がどうなるかはまだ発表がありませんが、現在の授業料の補助金額は378,000円なので、ほぼ平均授業料までが軽減の対象となります。各学校別でみると、7割の高校(学科・コース)が平均以下の授業料となり、多くの高校で授業料の負担は実質0円となります。

授業料以外に納める私立高校の学費は平均約45万円

各高校により項目は異なりますが、主に高校1年時に納めるものは、入学金や施設費などです。これらの金額と授業料を合わせて初年度納付金として合計された金額の平均は以下です。

2020年度の初年度納付金の平均額(単位:円)
入学金授業料施設費その他
238,833379,058182,86128,800829,552

埼玉県の現状の父母負担軽減事業補助制度は、世帯収入に応じて、施設費等や入学金も軽減補助される制度。最大30万円まで軽減補助されたと仮定しても、平均額から算出すると15万円以上負担する必要があります。さらに、教材費や制服などにも費用がかかります。

国の就学支援金や埼玉県の父母負担軽減事業補助制度により軽減されたとはいえ、負担が大きい私立高校の学費。事前にしっかりと準備しておきたいものです。

この記事を書いた人

埼玉県入試分析担当

埼玉県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

埼玉県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(埼玉県)

特集

過去の高校受験ニュース(埼玉県)

無料体験教材のお申し込み ×