岩手県の高校入試情報
入試日程 入試制度 内申書 学区 出題傾向分析と対策

岩手県 入試データ

岩手県 公立高校入試日程 (2021年度/令和3年度)

推薦入学者選抜

出願受付日 2021年1月13日(水)〜1月18日(月)正午
検査日 2021年1月27日(水)
合格発表日 2021年3月23日(火)午後3時
備考 合格通知書の送付期限:2/3

一般入学者選抜

出願受付日 2021年2月5日(金)〜2月12日(金)午後4時
志願変更日 2021年2月16日(火)〜2月22日(月)午後4時
検査日 2021年3月9日(火)
追検査日 2021年3月19日(金)
合格発表日 2021年3月23日(火)午後3時

岩手県 公立高校 内申書・調査書 (2021年度/令和3年度)

一般入学者選抜の内申点は、中一から中三までの9教科を5段階評定したものが対象です。
5教科の5段階評定を、中一は2倍、中二は4倍、中三は6倍に、実技4教科の5段階評定は、中一は3倍、中二は6倍、中三は9倍にそれぞれ換算し、中一:中ニ:中三の比率は1:2:3です。これらの合計660点に2/3をかけた440点が内申点の満点となります。
推薦入学者選抜での換算方法は高校によって異なります。

岩手県 一般入学者選抜 内申点の内訳
中一中二中三
5教科×5段階評定×2
+
実技4教科×5段階評定
×3
=110点満点
5教科×5段階評定×4
+
実技4教科×5段階評定
×6
=220点満点
5教科×5段階評定×6
+
実技4教科×5段階評定
×9
=330点満点

※中三の評定は12月31日現在で記入されます。

岩手県 公立高校入試 推薦入学者選抜 (2021年度/令和3年度)

推薦入学者選抜は、すべての高校・学科(学系・コース)で実施し、通学区の制限がないので県内のどの高校にも出願できます。募集枠は原則として、募集定員の10%以内ですが、体育系学科・学系・コース、芸術学系は50%以内です。応募資格は事前に発表される各高校の示す推薦基準を満たしていることが条件となります。
選考は、内申書(調査書)、志願理由書、面接のほか、高校・学科(学系・コース)により小論文または作文、適性検査などの結果をもとに判定します。
推薦入学者選抜の合格者に対して、一般入学者選抜の学力検査実施日に学力調査を実施します。得点が合否に影響することはありませんが、正当な理由なしに学力調査を欠席した場合は、合格を取り消されることがあります。

※盛岡市立高校の推薦入学者選抜は募集枠が異なり、普通科には学区の制約があります。くわしくは高校のWebサイトなどでご確認ください。

岩手県 公立高校入試 一般入学者選抜 (2021年度/令和3年度)

2021年度の一般入学者選抜は、学力検査と内申書(調査書)、一部の高校・学科等が実施する適性検査(実技等)などの結果をもとに総合的に判定します。その際、「学力検査」:「内申書(調査書)・適性検査等」の比率によりA・B・Cの3つの選考が使われます。A選考は5:5の均等型、B選考は3:7の内申書(調査書)・適性検査等重視型、C選考は7:3の学力検査重視型です。A選考は最初の選抜で必ず実施しますが、B選考、C選考の実施の有無や順序は各高校が決めます。

※2021年度の一般入学者選抜は、新型コロナウイルス感染症対策として面接は実施しません。
岩手県 一般入学者選抜 選抜資料の配点内容(2021年度)
学力検査
(500点満点)
内申書(調査書)・適性検査等(500点満点)
内申書(調査書)(440点満点)適性検査(実技等)等(60点満点)
国語・数学・社会・英語・理科の5教科、各100点満点の合計「学習の記録」の中学3年間の9教科の評定を換算実施する学科等のみ
※学力検査で傾斜配点を実施する場合は合計点を500点満点に換算します。
※適性検査等を実施しない学科(学系・コース)の配点は0点とします。
※盛岡市立高校については高校のWebサイトなどをご確認ください。

岩手県 公立高校入試 学区 (2021年度/令和3年度)

一般入学者選抜の普通科と理数科には8つの通学区域(学区)があります。学区外からの入学者は定員の10%以内で認められていますが、普通科と理数科のくくり募集の場合は、普通科の定員10%と理数科の定員の合計数の範囲内としています。
推薦入学者選抜と、一般入学者選抜の普通科の一部の専門学系・コース、専門学科、総合学科に学区はなく県内全域の高校に出願できます。

岩手県立高校 普通科・理数科の学区(一般入学者選抜)
学区名高校名
盛岡学区盛岡第一、盛岡第二、盛岡第三、盛岡第四、盛岡北、盛岡南、不来方、沼宮内、葛巻、平舘、雫石
岩手中部学区花巻北、花巻南、大迫、黒沢尻北、西和賀
胆江学区水沢、前沢、金ケ崎
両磐学区一関第一、花泉、大東、千厩、
気仙・釜石学区高田、大船渡、住田、釜石、遠野、大槌
宮古学区山田、宮古、宮古北、岩泉
久慈学区久慈、種市、大野
二戸学区軽米、伊保内、福岡

※盛岡市立高校については高校のWebサイトなどでご確認ください。

岩手県 公立高校入試 出題傾向分析と対策 (2020年度/令和2年度)

英語
傾向1
長文読解が全体の約3割※出る!
対策
問題が多く、長さも約370語の長文が出ますから、スピードを意識して解く練習をしていきましょう。岩手県の長文読解は、出る形式が毎年ほぼ同じです。その形式の解き方をおさえることが重要です。
傾向2
与えられたテーマについて15語以上で書く英作文が出る!
対策
岩手県では、2019年度、2020年度に与えられたテーマについて書く英作文が出て、次も出る可能性が高いです。何を書くか迷いやすいので難しいですが、自分の知っている表現で答えることが大事です。

※全体の約3割とは、小問数の割合です。

数学
傾向1
記述式の「図形の証明問題」が出る!
対策
例年出ている重要問題です。記述式なので、しっかりと書く練習をしましょう。わからなかったら一度答えを見て流れをつかんでから、もう一度自力で証明を書いてみましょう。
傾向2
配点の2割が小問集合として出るから落とせない!
対策
「小問集合」では、計算問題が出題されます。得点源なので、計算ミスをしないよう、速く、正確に解けるように演習しておきましょう。
国語
傾向1
約2000字の説明的文章が出る!
対策
13分程度で文章全体の内容を正確におさえて解くことが必要になります。内容や理由を説明することができるように長い文章でも短時間で解けるコツをおさえましょう。
傾向2
2つ以上の文章を読んで答える問題が出る!
対策
普段あまり取り組んだことのない問題はコツをおさえていないと間違えやすいものです。問題を解いて、コツをおさえて解けるようになりましょう。
理科
傾向1
圧力やばねに関する問題が出やすい!
対策
特に、ばねののびと水圧・浮力や圧力の問題が出やすいです。フックの法則や水圧と浮力のはたらきをおさえることが大切です。圧力の計算は、単位の変換にも注意しましょう。
傾向2
植物のなかま分けに関する問題が出やすい!
対策
特に、植物のからだのつくりの特徴から分類する問題が出やすいです。シダ植物やコケ植物のふえ方とつくり、種子植物のなかま分けを図と一緒にしっかり頭にたたきこみましょう。
社会
傾向1
差がつきやすい、資料を読みとり文章で記述する問題が出る!
対策
資料の読みとりや記述する問題をたくさん解いて慣れることが大切です。答え合わせをして解き方を理解することを繰り返せば、入試本番までに必ず解けるようになります。
傾向2
ただの暗記では解けない、歴史の並べ替え問題が出る!
対策
一つひとつのできごとを、ただ暗記するだけでは並べ替え問題を解くことはできません。なぜそのできごとがおこったのか、理由とあわせて暗記を進めることが重要です。

最新入試情報(岩手県)

特集

過去の高校受験ニュース(岩手県)

無料体験教材のお申し込み ×