特集

内申点に影響! 学年末テスト得点アップ勉強法【オンライン進路セミナー・録画公開中】

出題範囲が広く、しかも実技教科も含む9教科で行われる学年末テスト。1月31日に配信した、中2向け「オンライン進路セミナー」では、「学年末テストはなぜ大切なのか」と「成功するための勉強法」について解説しました。講義の中で多かった質問への回答も掲載! ぜひご一読ください。
※本文中でご紹介している評価方法は一例です。実際は中学校や先生によって異なります。

内申点に影響! 学年末テスト得点アップ勉強法【オンライン進路セミナー・録画公開中】

主要5教科の定期テストは、成績に大きく影響する

主要5教科は定期テストの配点が大きい!

中学校の成績(評定)は、観点別評価をもとに決まります。
教科ごとに3-4観点があり、それぞれの観点は、授業への取り組みやテスト結果、提出物などをもとに得点化されます。
中学校で学ぶ9教科のうち、主要5教科(英数国理社)はとくに定期テストの配点が大きいことがほとんどです。
上図のように、数学の定期テストの結果は、「知識・理解」だけでなく、「数学的な見方や考え方」、「数学的な技能」といった複数の観点の評価に影響します。

実技教科も定期テストなどで成績アップが可能!

実技が苦手でも、テストや授業姿勢などでカバーできる部分もたくさんある!

「運動が苦手だから…」、「絵が下手だから…」など、実技が苦手な場合はとくに定期テスト対策が重要です。

例えば、美術の定期テストの場合、「関心・意欲・態度」や「鑑賞の能力」といった観点に、保健体育や技術家庭では、「関心・意欲・態度」や「知識・理解」などに、定期テストの結果が反映されます。
つまり、実技教科の成績は、作品や運動能力といった「実技」だけで決まるわけではなく、定期テストの成績も重要であるということ。
学年末テストはしっかり対策して臨みましょう。

学年末テストに向けて、今から対策できることとは?

学年末テストに向けた勉強は何をすべきか

中学校の成績(評定)、そして内申点にも大きく影響する学年末テスト。
具体的にどんな勉強をしていくべきか。そのポイントを3つ解説します。

1.まずは具体的な目標を決める

目標を決めて勉強するのと、決めずに勉強するのでは、結果が変わってきます。
さらに、目標は具体的であることが大切!
つまり、「学年末テストでがんばるぞ!」ではなく、「ニガテな数学は、学年末テストで80点以上を取るぞ!」のように、なるべく具体的な目標を持つと、やるべきことがはっきりとしてきます。

2.<定期テスト厳選予想問題>でしっかりテスト対策する

進研ゼミからお届けしている定期テスト用教材を使って対策することは、テストの得点を上げる近道です。
とくに、学年末テストのような範囲が広いテストは、効率よく対策ができる「テスト専用教材」をうまく使いましょう。

<定期テスト厳選予想問題>のおすすめの使い方は、「2回解く」こと。1回解くだけよりも、グンと得点力が上がります。
1回目はノートに、2回目は教材にやってみるやり方がおすすめ!
2回やるために、テスト1週間前までには1回目の取り組みを終わらせておくのがポイントです。

3.勉強計画を立てる

計画倒れにならないように、計画を立てるときは、現実的に考えることが大切です
以下の3つを守りましょう。
(1)勉強する教科、教材名、ページ数まで具体的に決めておく。ワークなど学校の教材も忘れずに入れ込む。
(2)部活や習い事の予定なども書き込み、勉強に使える時間をはっきりさせる。おでかけの予定も忘れずに予定に入れる。
(3)予備日を作り、できなかった場合に取り組む日を決めておく。

講座の視聴者から多く寄せられた質問にお答えします。

Q. 勉強を1日2時間しても点数が上がらず下がる一方です。どうすれば点数が上がるのでしょうか。

A. 「質」を上げていきましょう!

時間だけではなく、「質」も大切な要素です。その2時間で何ができるようになったのかを毎回振り返ると時間の使い方が変わってくると思います!

Q. 実技教科でテストで良い点をとっても5にはなりませんでした。やはり5にするのは難しいでしょうか?

A. 授業への参加態度、提出課題などがちゃんとできているか確認を!

テスト以外にも様々な観点があるので、5を取るのは難しいですよね。関心・意欲・態度、鑑賞の能力などで観点別評価が低くなっていないか、確認してみましょう。まずは上げられるポイントから確認していきましょう!

Q. テスト前は、学校の課題とゼミの教材のどちらを先に取り組んだ方がよいですか?

A. 学校の課題を最優先に! 成績にも影響します。

まずは、学校の課題を最優先にしてみましょう。特に学校のワークからそのままテスト問題が出る場合は、特に課題を優先するといいと思います。オリジナル問題が多い場合はゼミも活用してみてくださいね!

Q. 計画通りに進まない事が多いのですが計画通りに進められるコツを教えてください!

A. 実現可能な、ほどよく余裕のある計画を立てましょう!

余裕のある計画を立てることが大切です。ぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと、うまくいかないときにすぐにやる気がなくなってしまいます。余裕を持った計画をたてること、うまく進まなかった日にやり直せる予備日を作りましょう!

【録画公開中】今回は「進研ゼミ個別指導教室」の山道先生も登場!

今回は、「進研ゼミ」の浅野先生による、内申点についてのわかりやすい解説のほか、「進研ゼミ個別指導教室」の山道先生による具体的なテスト勉強法も! 充実の授業の録画をチェックし、学年末テスト対策にお役立てください。

次回は3月27日に開催予定! お楽しみに!

この記事を書いた人

高校入試情報担当

高校入試情報担当

進研ゼミ『中学講座』

高校入試を取り巻くさまざまな情報、役立つ情報を「プロの視点」から発信していきます。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×