特集

高校受験直前期の優先順位の考え方【オンライン進路講座 録画公開中】

不安や焦りが大きくなる入試直前期。
高校受験までに残された時間をどう使うのかは、合否を分ける大切なポイントとなります。
ここでは、12月20日に実施した中3生向けのオンライン進路講座のダイジェストと、当日寄せられた質問について特に多かったものに回答いたします。

高校受験直前期の優先順位の考え方【オンライン進路講座 録画公開中】

最後まであきらめずに、できない部分をできるようにする!

弱点補強の王道サイクル

冬休みや入試直前に最も力を入れるべきなのは、本番で1点でも多く得点できるよう、今できていないことを、できるようにすることです。

自分のできないところ、つまり弱点を発見するには、模試や過去問、その他の問題演習で、できなかった問題がヒントになります。
たくさん問題を解いて、間違えた問題を徹底的に解き直し・復習すること、そして覚えていないところは正確に暗記すること。
その「王道サイクル」を、入試ぎりぎりまであきらめずにくり返すことが合格につながります。

入試本番に向けて朝型の生活へチェンジ!

朝型のススメ!

入試に向けて実力を伸ばすことのほかに大切なのが、生活ペースを入試本番用に合わせていくこと。
高校入試は朝から行われることがほとんどです。
直前になって生活を変えてもうまくいかないことがありますので、前もって朝型へチェンジしていくことがおすすめです。

高校入試直前に先輩たちはどんな勉強をしていた?

先輩の体験談コーナー

12月20日のオンライン進路講座では、進研ゼミ『中学講座』で受験勉強をしてきた3人の先輩たちの授業も実施しました。
先輩たちはニガテな教科やできない問題をどう克服して合格を勝ち取ったのか。
今日の勉強から役立つ話が満載です。ぜひご覧ください。
各先輩の授業のスタート時間は以下の通り(ページ下にリンクあり)。

  • セサミ先輩・・・00:28ころから
  • あつぼー先輩・・・00:37ころから
  • いろは先輩・・・00:48ころから

講座の視聴者から多く寄せられた質問にお答えします。

Q. 志望校の過去問がまだ半分も点がとれません。あきらめた方が良いでしょうか?

A. 合格に必要な点数をチェックすることは必須! 1点ずつ合格点に近づけるよう、冬休みにがんばろう!

過去問を解くときに必ずチェックしてほしいのは、「その年度の入試問題で、志望校に合格するのに何点必要なのか」。
100点満点の学力検査で100点を取らなければ合格できない学校というのは、まずありません。
志望校合格まで、あと何点足りないのかを確認したら、間違えた問題を解き直し、理解できていないところを復習し、解けるようになるまでくり返しましょう。
入試直前まであきらめずにがんばれ!

Q. 過去問がまだ少ししかできていません。冬休みは過去問をやった方がいいですか?それともニガテなところをたくさんやった方がいいですか?

A. 過去問を解いて、できなかったところがニガテです! 「過去問を解く→ニガテをつぶす」ことをくり返そう!

これまでの「オンライン進路講座」でも何回かお話してきました。
過去問を解くことは、直前期の受験勉強のスタートと言えます。
過去問でニガテをあぶり出し、あぶり出たニガテを徹底的につぶすために勉強することが実力UPにつながります。
過去問だけでなく、これまでに受験した模試や、問題集などでも同様です。

ここまででご紹介した内容は録画を配信中!

「オンライン進路講座」は、次回が最終回!
1月17日に実施予定。どうぞご期待ください。

この記事を書いた人

高校入試情報担当

高校入試情報担当

進研ゼミ『中学講座』

高校入試を取り巻くさまざまな情報、役立つ情報を「プロの視点」から発信していきます。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×